知っておきたい家族葬について

category01

高齢化社会問題を抱える日本にとって、近年、人の死について語ることも以前ほどタブー視されなくなってきました。そんななか、家族葬というキーワードが話題になっています。



これまでの葬儀とどう違い、どんなメリットがあるのでしょうか。一般的に葬儀というと、葬儀会場や自宅などに花輪が並び、受付があり、多くの参列者が訪れ、立派な祭壇を前に故人を悼むというイメージがあります。実際にこのスタイルの葬儀をすると、どんなに安くても数十万円、高ければ百万円単位のお金がかかると言われています。

マイナビニュース情報が探せます。

しかし、近年、人の死についても個人のものと考える人が増えたり、かなりの高齢で亡くなる人も増え、参列者があまり集まらなくなったこと、また、残された家族に金銭的負担をかけたくないと考える人が増えたことなどから、家族葬と呼ばれる葬儀スタイルが増えつつあります。

家族葬は以前は密葬と呼ばれることもありました。

身内やごく親しい人の間のみで行う葬儀のことを言い、かといって簡易的な葬儀というわけではありません。

きちんと葬儀の流れを行いますが、参列者へお互い必要以上にもてなしたり気遣いすることもなく、たとえば故人が生前好きだった音楽を流したり、花を飾るなどその人らしい最期を送ることができることがメリットです。

家族葬のお役立ち情報はこちらのサイトです。

また、大々的な葬儀と比較すれば費用も少なく済みます。


実際の費用は、なるべく生前から葬儀店との信頼関係を築き、相談を重ねているとよりよいでしょう。

基礎知識

category02

現代の日本では様々な価値観が認められる時代になっています。人とは異なる考え方や感性であってもそれを受け入れるだけのキャパシティが日本にもできたのです。...

subpage

納得の真実

category02

近年、葬儀と言えば家族葬というくらい、家族葬が一般的になってきています。家族葬とは、以前は密葬と呼ばれていた、身近な人やごく親しい知人のみでとりおこなう葬儀のことを言います。...

subpage

社会の常識

category03

家族葬とは一般弔問客の儀礼的な挨拶や香典・弔電などを受け入れず、故人の近親者や親しかった親戚だけで執り行う少人数のお葬式です。このため故人と親しかった人であっても、葬儀に招かれていない限りは参列すべきではありません。...

subpage

意外な事実

category04

近年、核家族化や少子高齢化の進行、ご近所づきあいの希薄化、価値観の多様化などにより、家族葬への注目が高まっていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。最大のメリットは、アットホームな雰囲気の中で葬儀を行え、故人との時間をゆったりと持てることです。...

subpage